仕事紹介
お客様の採用活動を、Re就活やあさがくナビ、就職博などの企画を提案することにより、お手伝いしていくという仕事です。ただ単に媒体を提供するのではなく、採用が上手くいっていないお客様に、どのようにすれば良い人材を確保できるかプランニングから行い、様々なアドバイスをすることもあります。いわば、採用成功に向かってお客様を導くコンサルタントですね。形のないものを扱うという難しさはありますが、その分、自分のイメージをお客様と共有できたときの面白さはひとしおです。
自分の思いに
応えてくれた熱意
真面目に就活をしていたのですが、将来の目標をなかなか定めることができず、限られた期間の中で自分が定年まで働ける会社と出会えるのか、確信が持てませんでした。就活にあまり身が入らず周囲に流されながら活動をしていました。そんな時、社会人になってからも様々な企業とかかわり、多様な視点を身に付けて成長できる人材業界を知り、魅力を感じました。中でも学情は、選考の過程で就活相談にも親身に対応していただきましたし、リクルーターの方から「学情に来て欲しい」という想いを直接伝えていただけました。その熱意に背中を押されて入社を決意しました。
新入社員の頃は、まずはお客様に失礼のないように、ビジネスマンとしての言葉遣いから学びました。また、最初の1,2ヶ月は、実際の商談を想定したロールプレイングを行い、どのように営業を行えばよいか練習を重ねました。そのようなリハーサルを経て、上司と客先を訪れる度に、徐々に自分が発言できる範囲を広げていきましたね。そうして、入社後3ヵ月目くらいで、案件によっては自分一人で営業活動を行うようになりました。
相手は「人」だから、
納得してもらいたい
お客様との信頼関係が第一ですから、絶えず足を運ぶことはもちろん、常に+αを提示することが大事です。あるメーカーのお客様を訪れる際は、必ずメリットになる情報を持っていくことを自分に課して通い続け、最初のアポイントから1年後に就職博を受注することができました。今では自分が担当する中では、最大規模のクライアントです。また別のお客様の場合では、長く通わせていただいた間は受注できなかったのですが、常に採用が成功するようにと新提案を持っていきました。その後、担当者の方が結婚されることになり、お祝いのご挨拶に伺ったのですが、その日を境に様々な企画の発注が決まるということがありました。
ある意味、営業は人とどのようにかかわるかという仕事なので、正解がありません。企画内容や情報、価格はもちろん、人間としても納得してもらって、お客様に気持ちよく採用活動を行ってもらえるような営業ができればと思うようになりましたね。
失敗を成功に変えていく力
仕事をしていると、上手くいかないことや失敗を経験することがあります。入社当時は、なんとか業務をこなすことで手一杯でしたが、徐々に自分の未熟な部分を冷静に見つめ、改善していけるようになりました。どんな小さなことでも、どうすれば良くなるかを考える重要性に気づいたということです。
自分が置かれている営業職という環境は、不特定多数のお客様と接することができるので、それこそ学ぶことが数多くあります。失敗してもそれをしっかり克服すれば、ある意味成功体験になりますし、それを積み重ねていくことで、成長していけると思います。特に学情は、お客様のために採用活動全てのお手伝いをするので、いろいろなことを考えて仕事しなければなりません。その分、自分を高めていくにはとても良い環境だと思っていますし、達成感がある仕事だと思います。
学情の他社にはない
強みを教えてください
ズバリ、採用パートナーであるということです。例えば、同業他社の場合では、新卒担当なら新卒の商品だけを扱う、というように分業体制をとっているところが多いんです。一方、学情ではお客様に対して、いろいろな商品・企画をセールスすることができます。お客様が本当に必要とされているものを提供することができますし、新しく出てきたニーズにもすぐに対応できるというのは、他社にはない強みですね。
学情で成し遂げたい夢や
目標を教えてください
学情はこれまで、就活イベントの就職博や20代のための若手求人サイトRe就活など、人材業界の中で画期的なサービスを生み出してきました。私もゆくゆくは、日本の採用市場で何か新しい価値、そして商品を提供したいという気持ちがあります。この業界は、どちらかというと保守的だと思いますし、良くも悪くも劇的な変化が少ないと感じています。もちろん、それがメリットになる部分もあるかとは思うのですが、せっかく面白いと思ったものを実現できる学情という会社にいるので、常に新しいサービスを模索していければと思います。

そして、2017年7月1日より東京赴任となりました。日本の中心で働く、ということは想像していた以上にスピード感があり、情報量や刺激がとても多くあります。学情が東京という市場にインパクトを与えていくためには更なる努力が必要です。会社としての努力はもちろん、営業ひとりひとりが常に意識を高く持ち、For The Customerで働くということを念頭に、今後も、日々の業務に従事していきたいなと考えています。
就職活動生にアドバイスやメッセージをお願いします
就活では、自分がどういうタイプの人間かをしっかり分析することが大切です。そして、先入観を捨てて、いろいろな業界の会社を見てください。一人ひとり、自分にマッチする環境は違うと思いますし、やはり成長していける会社に入って欲しいですね。また、規模の大きな企業に入ったからといって、幸せな社会人生活につながるとも限りません。できるだけたくさんの人から話を聞いて、あなた自身で最適な企業を見極めていただければと思います。