仕事紹介
主に新卒採用の分野で、お客様の採用活動を支援しています。自社商品である就職サイト「あさがくナビ」や、「就職博」などのイベントをお客様に販売することはもちろん、企業と求職者のより良いマッチングを実現するため、知恵を絞るのが私たちの役割。お客様にとってベストな採用活動を提案しています。また、一人でも多くの求職者に、あさがくナビを知っていただくため、Web広告や交通広告を打ち出すなど、様々な取り組みをしています。そのような自分の努力が、採用成功という目に見える成果で現れたときには、この仕事をしていて良かったと実感します。
友人の一言で
バイト三昧から脱出
私の世代では、就活の解禁は3年生の12月から。ただそのときは、あまり本腰を入れて活動しておらず、居酒屋のアルバイトに打ち込む日々が続いていました。お昼から深夜まで働いて、それなりに充実した生活を送っていたのですが…。気が付けば周りの友人はすでに選考を重ねており、「就活、大丈夫?」と声をかけられたときにようやく冷静になって、危機感を覚えましたね(笑)。慌てて就活モードに切り替えて、自己分析しました。
大学時代は過疎地域の地方活性化について学んでおり、実際に日本各地を回ってたくさんの方とお会いした経験から、将来は人とかかわる仕事がしたいと思い、営業職を目指すことに。その中で、何か面白いことをしたい、という意識はありました。
2ヶ月遅れの就活、
思いもよらぬ出会い
ようやく活動を始めたのは2月!のんびりはしていられません。手当たり次第にナビサイトに登録して、週2・3回は企業セミナーに通っていました。友人にアドバイスを貰い、就活本を読みながら必死に活動していました。当時は専門商社を志望しており、人材業界はまったくの畑違い。そんな中、学情に出会ったことは不思議な縁といえるかもしれません。4月に第一志望の企業セミナーに参加したとき、そこで説明されていた方が学情の社員だったんです。セミナー代行という業務で学情社員がもう一人の採用担当者となり、企業の魅力を伝える業務なのですが、当時は知る由もなし。そのときは「こんな仕事があるのか」と衝撃を受けました。それがきっかけで学情の話を聞いてみて、面白そうだと感じたのを覚えています。
心のこもった叱咤に惚れこむ
たしか、学情のセミナーに参加したのは5月だったと思います。少人数で行う説明会だったのですが、まるで座談会のような雰囲気で、会社のことを深く知ることができました。また人事担当者の方がとても若く、フランクに接していただいたのが印象的でした。それから選考に入り、約1ヵ月間にわたって面接を重ね、ついに迎えた最終選考。実はこの時、必要書類を忘れてしまい厳しく注意されたことがあったんです。社会人になる心構えなどを教えていただいて、まだ学生の自分にも真剣になって接してくれる学情という会社に感動しました。「ここしかない!」と内定前にもかかわらず、入社を決意しましたね。
私の就活自己採点=50点
就活自体は出足が遅すぎたので、厳しめに50点。もっと業界を見て回れば良かったという後悔は少しあります。そうしていたら、学情に入った後も、活かせる経験になったのにな、と思っています。
どんな新入社員に
入社してほしいですか?
私自身もそうだったんですが、面白いことをやりたい、何か企画したいという想いがある人には向いている仕事だと思います。既存のルールに縛られない学情の提案に貢献していただきたいですね。そして、コツコツがんばれる人。自分の目的を達成していくためには、弛まぬ努力が必須です。尊敬する先輩のみなさんは基本を疎かにせず、当たり前のことを当たり前に行う姿勢が身に付いています。そのような素養のある方は、ぜひ入社して欲しいですね。
学情で成し遂げたい
夢や目標を教えてください
私が学情を知るきっかけになった、セミナー代行をされていた社員の方。今では私の先輩で、目標でもあります。お客様の採用活動に細部まで携わって、信頼関係をつくっていく「もう1人の採用担当者」を体現されているので、憧れの存在ですね。早く追いつきたいと思っています。
また少し先の夢になるんですが、学生時代にもかかわった地域活性化に、採用支援という仕事を通じて貢献していきたいですね。せっかく全国を飛び回って、いろんな地方の会社とのつながりを持ったので、その経験を活かして社会貢献ができればと思います。
就職活動生にアドバイスやメッセージをお願いします
一番伝えたいのは、背伸びをせずにありのままの自分でいること。もちろん、何も練習しないのは良くありませんが、自分を高く見せようとすると、人事の方にすぐ見破られてしまいます。あくまでも等身大の自分で、肩の力を抜いて前向きに選考に臨んでくださいね。
実際にお客様からも、定型文を暗誦する紋切り型の就活生が多いという話を聞きます。自ら経験したことや、心から良いと思うことを自分の言葉で話せば、きっと相手に伝わりますし、良い結果に結びつくと思います。