仕事紹介
官公庁や地方自治体が実施する企業向けの雇用支援事業や、求職者向けに行う採用支援事業に対して、学情が持つノウハウを駆使してお力添えをしています。事業の一部分にかかわることもありますし、企画から運営まで一括で請け負うこともあります。また、官公庁や地方自治体の担当者と綿密にコミュニケーションを取り、企業や求職者のためにどのような事業を行うべきかコンサルティングを行うことで、より良い公募案件の立ち上げにも協力。税金を使って行われる公的分野の事業にかかわるので責任は大きいですが、学情社員として社会に貢献するやりがいを感じています。
休日の過ごし方を
教えてください
休みの日はバスケットボールをして、汗を流しています。中学校から大学まで部活やサークルに所属してバスケ三昧の日々を送っており、学情に入社した後も仕事仲間とチームを結成しました。学情が加入している出版健康保険組合主催の大会があり、初参戦したのが2009年。この大会にはA、B、Cとチームの強さに応じて3段階のリーグがあり、学情は初年度に一番下のCリーグで3位に入賞し昇格を決め、なんと翌年にはBリーグで優勝を果たしました。それ以降の7年間はずっとAリーグに在籍しているので、学情チームは安定した成績を残せていると言って良いでしょう。
普段の練習は月に1〜2回ほど。他のチームと一緒に体育館を借りて、ゲーム形式で練習を行っています。学情社員だけで10人ほど集まるときもあり、練習後はチーム全員で飲みに行って、楽しく充実した活動をしていますね(笑)
バスケットボールは試合展開が速く得点が多く入るスポーツなので、常に気持ちの切り替えが大切です。ミスして得点を失っても、失敗を引きずらずに取り返さなくていけません。そのメンタリティはバスケを通じて身につけた財産ですし、今の仕事にも生かされている部分だと思います。
オンとオフの切り替えで、
特に意識しておられる
ことがあれば教えてください
お酒を飲むのは好きですね。仕事を終わらせた後は仲間と飲みに行くこともありますし、結婚してからは家に帰っての晩酌も増えました。そして、休日は仕事モードを完全にオフにして、しっかり家族サービスを行います。子供がいるので一緒に遊んだり、ショッピングモールに出かけて買い物をして過ごしていますね。やはり、家族と時間を共にすることは一番の気分転換になるので、月曜日からはまた気持ちも新たに仕事と向き合うことができます。
学情の他社にはない
強みを教えてください
お客様目線という気持ちを特に大切にしている会社だということですね。民間の法人営業はもちろん、公的分野の仕事においても強く意識していることです。ただ、私たちの仕事に関しては、事業を通じて支援を行う求職者や企業にも満足していただくことが重要。官公庁・自治体と支援対象者が共に幸せになることを考えなくてはいけませんし、上司からもそう指導されてきました。そのような学情の企業風土は、信頼関係が不可欠な採用支援という分野で強みになっているんだと思いますね。
学情で成し遂げたい
夢や目標を教えてください
困ったことがあれば私に頼めばいいとお客様の間で評判になるように、業務に励んでいければと思います。少し大げさですが、会社の看板を越えるような存在ということですね。個人の名前で勝負できる社員になりたいです。 法令関係や社会情勢など知識不足と感じることがあるので、常に勉強していき提案の幅を広げていくことが今の課題です。目標までの道のりはまだまだ険しいですが、チャレンジし続けていくことで目標に一歩一歩近づいていければと思います。
就職活動生にアドバイスやメッセージをお願いします
思いっきりチャレンジをして、就活をエンジョイしていただきたいです。僕自身も楽しみながら行っていたので、就活生のみなさんには硬くならずに活動して欲しいですね。いろんな業界を見て興味を持った企業があれば、どんどんアタックしていくという就活もありなのではと思います。イメージや先入感にとらわれず積極的に行動していけば、必ず縁がある企業と出会うはず。無理をせず頭でっかちにならずに、前を向いて進んでいただければと思います。