バランスが取れてなくても良い。欠けているものがあっても、他人にはない「過剰さ」がある。
そんな社員たちが「いま」の学情をかたちづくっています