学生や若い世代の成長を後押しする仕事がしたいと考え人材業界を志し、もっとも入社後の活躍をイメージできたことから学情へ。入社後、同期のなかでも指折りの早さで主任へ昇格(現在は係長/チームリーダー)。2020年度はリクルーターも兼任。

写真

1社1社、お客様ごとの「採用」を一緒になって作っていく

クライアントごとに最適な採用戦略を立案し、成功までのシナリオをゼロベースで作っていく。私は、ただ商品を売るのではなく、そうした採用を成功させるための「採用コンサルティング」を行っているという意識を持って営業活動をしています。この仕事は正解がないため、クライアントの魅力と私たちの持つ採用メソッドを掛け合わせ、そのクライアントだけの採用戦略を作って実行する。それが私の考える採用コンサルティングの仕事です。 学情は魅力的な商品を豊富に取り揃えています。しかし、それをただ売るだけで良いのであれば、極端にいうと私でなくても良いわけです。そのなかで自分が営業担当であるという付加価値を生み、クライアントから信頼を得るためにどうすればよいかを考えると、1社1社、クライアントごとの「採用」を一緒になって作っていくことではないかと思い至りました。自分にしかできないかたちで採用を成功させるため、採用プランの策定から細かな運用フローまで徹底的にこだわることが私の営業スタイルですね。

写真

結果と過程、その両面で満足いただくために

この仕事は、結果はもちろん、そこにたどり着くまでの過程も大事だということを最近痛感しています。予算をかけていただいている以上、結果で応えなければいけないのはいうまでもありません。重要なのは、いかに+αの価値を与えることができるか。仕事をこなすなかで少しずつそうしたことが目標になっていきました。だからこそ、結果だけでなく自分で考え抜いて実行したという、その「過程」を評価いただくと喜びも大きいですね。 採用人数という結果にこだわらないといけないのは当然ですが、もし満足のいく結果につながらなくても、「これだけしてくれたんだから十分だよ」と言っていただけることもあって。悔しい思いはもちろんありますが、払った金額以上の仕事をしてくれた、ということを感じてもらえるような仕事を、常にしなければいけないと思うようになりました。そうした心から満足いただくための採用手法を考えることは難しく、頭を悩ませるところですが、それを考えている時間が楽しかったりもするので難しいところですね(笑)。

写真

採用活動全体に入り込んで、信頼を獲得する喜び

入社間もない時期から現在まで、採用活動を全面的にサポートさせていただいているクライアントがいます。ちょうど私が前任から引き継ぎ、その企業の担当者としてお仕事するようになったタイミングで、「次年度のインターンシップセミナーの実施は見送る」という話が出ました。詳しくお聞きすると、前年に思うような結果を出せなかったことが原因と分かり、私はその場で、「チャンスをください」と人事担当者に頼み込みました。なんとか任せていただくことになってからは、その企業に合った採用プランを組み直し、インターンシップセミナーにはすべての回に出席、内定承諾された学生の方は全員顔なじみになるほど採用活動全体に深く入り込んでいきました。その結果、内定承諾数は前年のおよそ7倍、今後もさらに増えていくという最高の結果を残せたことは誇りに思っています。人事担当者からはもちろん、役員の方からも「これから3年は任せたい」と言っていただけるまでになりました。これからもその期待に応え続けてクライアントの成長に貢献していきたいですね。

ある一日のスケジュールOneday Schedule

  • 8:45

    出社、メールチェック

  • 9:15

    朝礼、訪問予定の資料作成

  • 10:00

    新規取引先を2件訪問

  • 13:30

    休憩、訪問途中で少し遅めの昼食

  • 15:00

    既存取引先と次年度採用計画の打ち合わせ

  • 17:00

    帰社、訪問企業へのメール対応、チーム員とのミーティング

  • 19:00

    退社

メッセージMessage

就活に合わせて「用意してきた自分」ではなくて、好きなことに打ち込んでいるときのような「普段の自分」で就活に取り組んでほしいなと思っています。私は学情のリクルーターを務めるなかで、学生時代に何を頑張ったか、どんな成果を出したかはあまり重視していません。それよりもどういった「想い」を持って取り組んでいたかが重要だと思っています。また、その「想い」を強く持っている方こそがずばり私たちの求める人物です。自分が打ち込んでいることに「なぜ」と考えたり、意識するだけで就活そのものの見方がきっと変わってくると思います。そのうえで、これから自分がしたいことがまだわからず、でも本気で探している人は、学情でならきっと見つけられると思います。

一覧へ