前職では化粧品メーカーで商品企画などを担当したのち、学情へ入社。前職とは異なる自由な社風のもとさまざまな業務を意欲的にこなし、2017年にはチームリーダーに任命される。

写真

やりたいことがあるから成長できる

営業分野ではチーム員への指導・育成を行うチームリーダー、そしてイベント分野では『就職博』などの企画や運営を担うリーダーという「2つのリーダー」を任せていただいています。そのほか遠方の札幌エリアの新規開拓、新卒採用のリクルーターなど、おそらく社内でもかなり多様な業務を経験した方だと思います。20代のうちにさまざまな経験をしたいと思っていたこともあり、社内/外、規模や種類を問わず自ら積極的に仕事を獲りにいくという姿勢を意識していた結果ですね。社内でもとにかく「いろんなことをしたいやつ」だと認識されていたようです (笑)。 入社時から、常に自分に負荷をかけて目標を立てるようにしていましたし、幸い学情にはその姿勢を後押ししてくれる環境がありました。大変な分、その困難を乗り越えるたびに自身の成長を感じましたし、信頼が信頼を呼び、次々に新たなミッションを任せていただけるようになっていきましたね。

写真

「もう一人の採用担当者」を実感

私たちは「クライアントが求めていないこと」まで、あえて提案することがあります。以前担当していたクライアントは、学生が求める魅力が豊富にあるにもかかわらず、企業自体がそのことに気づいてないという非常にもったいない状態でした。そこで、それまでの採用コンセプトの変更を提案。始めは驚かれていましたが、同社の若手社員への調査を通じて、採用担当者の考える魅力と社員の考える魅力には大きな溝があることが判明しました。そこから一気にコンセプトに協力いただけるようになりましたね。さらに企業の採用セミナーに参加させていただいた際には、セミナーの改善点をまとめて指摘させていただくなどの“おせっかい”もあえて言わせていただきました。 そのクライアントの場合、お客様というよりも一緒に採用を成功させるための「仲間」といえるくらい入り込んで、熱量をもって採用を動かしました。結果、当初の目標採用者数を大きく上回るかたちで成功させることができ、学情が標榜している「もう一人の採用担当者」を体現できたという点でも印象に残っていますね。

写真

「いろんな人」が触発し合う場所を作る

新卒で入社した会社では業務に忙殺され、深夜まで残業することもしばしば。またなにより、いわゆるトップダウンの会社で、社風に窮屈さを感じていたこともあり転職を決めました。学情に入社してみてあらためて前職との違いを実感しています。自分の考えが尊重され、個性を伸ばしてくれるような社風なので、みんなそれぞれ責任を感じながらも自由に仕事をしている印象があります。特に前職と比べても「いろんな人がいていい」という社風は感じますね。 これから「1000億円企業」を目指す学情の中核を担う存在に、まずは自分自身がなっていくつもりです。同時に、次の学情を担う世代を育てていく必要もあると思っています。これからは自分のチームはもとより、チームを超えて交流し合えるような機会をもっと積極的に作っていきたいですね。そうやって「いろんな人」が触発し合うことで、さらなる高みを目指せるような場所を作っていきたい。そのためにも今まで以上に目線を上げながら成長し続けていかなければと思っています。

ある一日のスケジュールOneday Schedule

  • 9:00

    出社、メールチェック

  • 9:15

    全体朝礼、チームミーティング

  • 11:00

    取引先へ訪問

  • 13:00

    休憩、後輩社員と合流しランチミーティング

  • 14:30

    後輩社員の案件に営業同行

  • 16:00

    取引先へ訪問、次の取引先へ移動

  • 17:00

    帰社、チーム員との振り返り、見積書の準備等

  • 19:30

    退社

メッセージMessage

就職活動に対してネガティブなイメージを持たれている方もいるかもしれません。しかし、これまでの自分を振り返りつつ、これからのキャリアイメージを実現させていくために時間を使える期間というのは、人生のなかでもそうありません。だからこそ貴重なこの期間を、先入観にとらわれず足を動かしてどんどん企業と出会ってほしいです。自分のことを振り返ると、その「足を動かす」ということが十分にできていなかったという反省があります。まずは、自分が満足するまでいろんな出会いを経験してほしい。そのうえで、すでに出来上がっている会社で働くより、これから会社を育てていく方が楽しいと思える人にとって学情という会社はきっと良い環境だと思いますよ。

一覧へ